ニキビにも関連するお肌の存在とスキンケア

HOME > お肌の存在とスキンケア

☆お肌の存在

人間の体には様々な役割を持った臓器がありますよね。
お肌にももちろん、お肌にしかできない役割が存在します。
一番わかりやすいのは外部からの衝撃に対してです。
叩いたりすれば痛いのはモチロンですが、すりむいたりして一部の皮膚がはがれた時を思い出してみてください。
痛いですよね(><;)
もしお肌がなかったとすると考えるだけで恐ろしいですが、筋肉や臓器に直接的に衝撃がかかったり、細菌感染がおこったりしますよね(汗)
これらのものから守ってくれる役割の他にも体温調節や知覚作用、体内の水分の蒸発を防いでくれたりと様々な役割があります。
そして人間の身体の16%が皮膚なんです☆
お肌は大きく3層にわけることができ、表面側から表皮・真皮・脂肪層のある皮下組織となります。
それぞれに大切な役割があるのですが、その皮膚は新陳代謝の働きから、毎日少しずつ入れ替わっています。
この作用、この役割がキチンと行われて初めて綺麗なお肌になるわけです。

☆間違ったスキンケア

なぜここまでお肌の役割について説明するのかというと、ニキビを治そうという意識が強いのはいいことだと思います。
ですが、そのためにお肌のことを気にしないでニキビを治すことだけを中心とした、間違ったスキンケアをしている人が多いんです!!
ニキビが治ってもお肌が改善されていなければ、肌が荒れてしまったり、治ってもスグにまたできてしまうといった悪循環が発生してしまいます。
ニキビを治すための薬やスキンケアグッズは数多く販売されています。
でもそれは、あなたのお肌に合うものでしょうか?
お肌だって体の一部。
健康でないと綺麗なお肌にはなれませんヾ(・ω´・*)
自分の肌質に合っているものを上手に使い、健康なお肌であることがニキビとサヨナラするには必要不可欠なんです!