思春期ニキビや大人ニキビを治療する!

HOME
ニキビケア
年齢にあったニキビケアや治療方法、その特徴を紹介!
ニキビ治療
治療には色々な方法があり、洗顔や化粧品、皮膚科やクリニックなどがあります。

気がつくとできているニキビ。「昨日はできてなかったのにどうして!?」と思われた方もいるでしょう。
できてしまったときは、どうして私だけって思うときがあると思います。
「この時ほど鏡を見たくない!」って思っちゃいますよね。

実は私自身もニキビに苦しめられた時代がありました。
高校時代についたあだ名は「おできちゃん」だったので、言わなくてもわかりますよね。
この時代、私はかなりニキビが酷く、当時良いとされた方法をいくつか試したのですが、全く治りませんでした。
一時期自暴自棄になった時期もありましたが、今考えると思春期ニキビに悩まされていたんだなっと思います。

現在のように当時はネットが発達していなかったので、情報を集めるのは非常に難しく、また、パソコン自体もすごく高かったので、当時は家にパソコンありませんでした。
ですから、薬局や皮膚科で言われたことを忠実に実行し、肌にいいとされるサプリメントかビタミン剤かはわかりませんが、それも毎日飲んでいました。
それでも高校3年間はニキビは治らず、肌がキレイになったのは大学2年のときです。
ただ、この時期は洗顔だけでしたので、なぜニキビがなくなったのかは不明ですが、思春期ニキビの場合、ある時期を過ぎると治ることがあります。
ですから、もしかするとこれだったのかもしれません。

ニキビの原因は「ストレス」「睡眠不足」「食生活」「合わないスキンケア」などがあげられます。

若い世代にできるニキビは原因が複雑ではないのですが、大人になってからできるニキビは上記であげられた理由などがあり、原因をはっきりさせるのは難しく、1つだけではないことも多々あります。
ニキビを治すには、早期の治療などが有効ですので、早めの対策を取ってくださいね。

現在ではプロアクティブやオルビスなどの有名なニキビケアがたくさんでていますから、昔よりもニキビは治しやすい環境にあると思います。
ある期間までは返金保証なども付いているので、すごく良い時代になりました。

さらににきびはお肌の病気としても認識されたことで、専門外来も登場しました。

専門外来ではお医者さんにしっかりとあなたのお肌を診てもらえ、肌に合ったスキンケアやお薬を処方してくれます。
適切な処理できっちりと治してくれるので、にきび跡が残る心配もありませんので、気になる方はこちらを受診される方が治す近道だと思います。

よく皮膚科と混同される方もいらっしゃいますが、専門外来はそれ専門でされているプロの中のプロです。

例えばですが、学校には先生がたくさんいらっしゃいますが、課目によって担当が分かれています。
国語の先生でも現代文や古典と分かれていて、同じ国語でも専門分野が異なります。

つまり、現代文の先生よりも古典の先生の方が、古典に関しては知識が多く、より深い内容を教えてくれます。

ですから、専門に扱っている先生はより正しく導いてくれますので、ニキビの専門外来はオススメです。

ただ、全国的にもまだまだ少ない点が難しいところです。

なので、現状は市販のニキビケアで治療するか、皮膚科で診察してもらうかの選択になると思います。
どちらがいいのかはご本人がどう考えるかなので、ニキビが気になる方は早めの対策をして、ニキビ跡などに悩まされないようにしましょう。

■PR
カンジダ性亀頭包皮炎の治し方